TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

ワクチン接種2日目

昨日、新型コロナウイルスワクチンの第1回目の接種をした四代目ですが、その後の副作用はほとんどなく2日目が過ぎようとしています。

腕を上げると接種した部分にわずかな痛みを感じるものの、真上にあげられないことは無い。重たい家具を持ち上げることもできました。体温は接種前から、接種後、2日目も平熱の36度4~6分程度です。副作用が無いのは、四代目が老人の域にいるからだと家族は言っております。

同じ日に2回目の接種を行った21歳の次女は、接種後半日程度で腕に傷みが続き、体温も37度と高めで、夜中には38度を超え、腕の傷みと熱っぽさで寝られなかったようです。

2日目は1日中寝ています。体温を下げるために「熱さましシート」と「アイスノン」を使用して冷やしています。体温は38度9分まで上がりました。腕の傷みは相当痛いようです。

接種後1日半経過した夕方に体温は36度台に下がりましたが、腕の傷みは続いています。若者に副作用が多く出るとのことですが、その通りになりました。副作用が出なかった四代目は、老人だからなんでしょうかね。複雑な気持ちです。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 27, 2021 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply