TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

食器戸棚のマグネットキャッチ

S様から食器戸棚に使用されている扉止めのマグネットキャッチが破損したので取替えた糸のご相談がありました。

S様からのお問合せ
20年以上前の食器棚のマグネットキャッチを探しています。

ネットショップ等見ていますが同じようなものが見つかりません。 御社でお取り扱いありますか? だいたいのサイズ横13cm 縦2cm マグネット部の横2.5cmくらいです。

部品の写真から、思い当たる工場の部品があるので早速確認する四代目です。そして直ぐに部品を探し当てました。

安田屋家具店からの返信
お問い合わせのマグネットキャッチですが、破損した部品にある「AM-200刻印」がある、まったく同じ金具は現存していませんが、他工場の金具でほぼ同じサイズ、仕組みの部品がありました。この部品で代替えできます。

部品サイズ、ネジ位置もほぼ同じだと考えます。

部品は1個税込み700円(2021年9月時点)です。送料が別途必要です。定形外郵便を使用します。

このマグネットキャッチは両開き扉用です。また部品中央のヘコミ部分は、オートヒンジに取付いているホコリ止めの板が当たる部分となっています。

オートヒンジとは、両開き扉の場合、両扉の間の隙間を隠すために召合せを(扉の裏側に付ける場合は左扉の方に)付けます。そのため、左扉は右扉を開けてからでないと開けることが出来ません。両扉を自由自在に開けたい、しかし両扉の間の隙間も隠したいという、相反する要求に応えるためにホコリ止め板を取付けたオートヒンジ部品を扉に取付けてあるのです。

オートヒンジは扉を閉めた時に扉と扉の間の隙間をふさぐように扉と平行にならないとなりません。そのために家具本体の下部にオートヒンジに取付けたホコリ止め板にあたる突起が必要となります。

今回のマグネットキャッチの中央部分のヘコミがその突起になります。

今回のようにネットで調べてもわからない家具金具に関しては、破損した金具の写真をお送りください。安田屋家具店がお探しいたします。ただ古い金具の場合、代替品も含めて現存しない場合がありますのでご了承ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
9月 16, 2021 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply