TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

恐竜ワールド2009 Vol.2

夏休み最後のお出かけ「恐竜ワールド2009」第2展示室に入った四代目親子は・・・・。


 親子でいろいろ展示してある恐竜を見て、一番好きな恐竜を探し始めたのです。その中で、娘が一番気に入った恐竜は、、、、コ・レ・ダ!!!

 
この恐竜は「鳥」それとも「猿」

猿のように木にしがみつきながら長い尻尾を持ち、羽があり、くちばしがあり、羽毛がある。飛べるの??、飛べないの??どちらともいえない不思議な恐竜が気に入ったようです。
 
さらに進むと恐竜がいかに大きいかを体感するコーナーがありました。


 アパトサウルスの大たい骨


 たかが大たい骨でこの大きさ、でかすぎる。さらに大きいスーパーサウルスの脚に踏み潰されそうになる四代目。

 

 うぅっっーー、おもい、重すぎるぅーーー!!つぶされてしまうーー、た、た、たすけてぇーー。

 

 スーパーサウルスの脚の大きさ体感するコーナーでした。展示の脚は壁に取り付いているので、落ちてきません。だから押しつぶされないのでした。さらに進むと最後に化石発掘体験ができました。 

 この砂の中に埋もれている恐竜の骨を刷毛を使って発掘します。なかなか面白い体験でした。このほかにも恐竜骨格組立体験や実物の化石などがたくさん展示してありました。
恐竜ワールド2009特別展を見終えた親子は、科学館の常設展示物で楽しく時を過ごしたのです。といっても実験展示物は変わっていないので、毎年来ている娘にとってはあまりものめずらしく楽しめる機器はなかったようですが。
 
岐阜市科学館の展示物は、昔とあまり変わっていません。四代目が小学生のころ、まだ岐阜公園の中に科学館があった40数年前から展示してある実験物が今だに現役で置いてありますもんね。懐かしさを通り越して、もっと予算をつけてくださいよと思ってしまいます。

名古屋市科学館や瑞浪のサイエンスワールドの方が、少しづつ進化しているので、年に1回行くだけですが、幾たびにそれなりに楽しめますもんね。
9月 1, 2009 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply