TOPページ »家具リフォーム・修理 » この記事

ダイニングテーブルリフォーム

 北欧デザインの輸入家具のダイニングテーブルのリフォームを行いました。

 15年ほど前に滋賀県から岐阜市に嫁いでこられたご婚礼家具として持参されたものだそうです。

 お子様のご誕生により、お子様用の椅子を追加購入しなくてはならず、120センチ丸テーブルの周りに食堂椅子が7~8脚置くと部屋が狭くなってしまうことから、買い替えをお考えになっておられました。

 そしてご婚礼家具として持参した丸テーブルを捨ててしまおうかと考えていたそうですが、たまたま安田屋家具店が家具リフォームを積極的に行っていることをお聞きになられご相談してこられました。

 脚の取り付け方法を見てみると・・・・・、

 天版に埋め込まれたメスネジに、脚から差し込んだ六角ボルトで接合してありました。これなら簡単に脚が取外せます。

 リビングテーブルとして改造したいとのご希望です。

 木製の丸脚を取りければよいのですが、将来再度ダイニングテーブルの高さに戻したいとのご希望もあるので、取り付ける丸脚が簡単に取り付け・取り外しができなくてはなりません。

 ということで天板に丸脚取付け用の金具を付けて、その金具に丸脚をねじ込めばよいのですが、果たして天板裏面に芯材が入っていて取り付けビスが効くかどうかが問題です。

 恐る恐る天板裏面を確かめてみると、天板裏全面にちゃんと芯材が入っていました。そのためどの位置でもビスが効きます。安心して4箇所に金具を取り付けます。そして直径80ミリの無垢材で製作した丸脚をねじ込んで取り付けます。

 脚裏には、フローリングが傷つかないようフェルトを貼り付けました。

 天版をひっくり返して・・・・・、

 天版までの高さ34センチのリビングテーブルの完成です。

 写真奥には、取外したダイニングテーブル高さ用の脚が見えます。

 これでダイニングテーブル→リビングテーブル→ダイニングテーブルと、ご家族の状況などによって簡単にお好みの高さに変えることができます。これでまた新しい家族の歴史を刻み込み、想い出の家具となっていくことでしょう。

 

 今回のリフォーム費用は、木製丸脚4本・取り付け施工費・出張費を入れて  税込24,000円です。(ただし岐阜市以外の場合は、出張費が変わります)

 

11月 8, 2009 · Posted in 家具リフォーム・修理  
    

Comments

Leave a Reply