TOPページ »家具リフォーム・修理 » この記事

280万円のスピーカー修理

世界の超一流最先端オーディオ機器を全国の販売店に輸入・販売しておられる安田屋家具店のお得意様「ナスペック」様より、スピーカー本体の塗り替えができないかとのご相談を受けて見に行ってきました。

輸入した際に、梱包内部で部品が外れ、それにより一部が傷ついてしまったようです。

傷ついた部分を拡大してみると・・・・、

「ナスペック」様が、傷部分にパテ埋めして着色したのですが、やはり傷が目立つため、全体を塗り直して修復できないかとのご相談でした。スピーカー本体は木製なので、もちろん塗り替えはできます。

傷がついている前面のみを塗り替えればよいのですが、天板面、背面、両側面全てが切れ目無くつながっているので、前面のみを塗り替えただけだと他の部分との色違いが出てしまうため、全面塗り替えをご提案いたしました。

 前面・天板面

尚、両側面は木製パネル板をネジ止めして取り付けますので、両側面の塗り替えは取り付けるパネルから1センチほどはみ出ているふち周りのみの塗り替えで仕上げられそうです。

 背面

このスピーカーは「Joseph Audio (ジョセフオーディオ)」といって、アメリカ ニューヨーク州を拠点として、ハイエンド・スピーカー製作を目的に1991年に設立されたメーカーです。
リチャード・モダフェリー氏(モダフェリーアコースチカルラボ社長)がインフィナイトスロープ・ネットワーク設計を発案し、デザイナーで社長でもあるジェフ・ジョセフ氏によりジョセフオーディオのスピーカーの生産が行われています。 
ジェフ・ジョセフ氏は10 代の頃から自作でスピーカーを製作。 アナログレコードを一万枚以上コレクションしていた事もあったなど、生粋のオーディオマニアなのです。 また旧型の管球式ヴィンテージアンプを愛用しており、昔からのオーディオを愛し知った上で、現在のJoseph Audinoのスピーカーの様な最先端の技術と新しい音作りを続けているのです。
会社が稼動すると同時にCES主催のテクノロジーオブザイヤー受賞の常連でもあり、他数多くの賞を受賞する等、輝かしい実績を誇ります。(参照/ナスペックホームページより)

品番は「RM55LE」といって、2台で、なんと税込価格 2,835,000円という商品です。

価格を聞いて、驚きました。そしてこれを塗り替えるんだと思うと正直少しヒビリました。

ヒビリはしましたが、安田屋家具店の信頼のおける塗装職人がいますので、彼にまかせれば問題なく仕上がるでしょう!!

塗装色は、現在と同様のシルバーメタリック塗装を行います。

2,835,000円のスピーカー修理完了いたしましたらまたご報告いたします。

    

Comments

Leave a Reply