TOPページ »家具リフォーム・修理 » この記事

縄編みスツール張替

ご近所のお茶さんが接客用で使用されている縄編み座面スツールの張替相談がありました。

縄が切れてしまったよくある状態です。

 

300㎜×300㎜サイズです。

かつては安田屋家具店の職人でも、縄編みの張替を行っていたのですが、最近では新品商品の価格が安くなったこともあり、張り替えるよりも買い換えてしまうケースがほとんどとなり、張替依頼はなくなりました。

久しぶりのご相談です。

張替修理価格は、税込10,500円です。(送料は別途)

新品価格が安いもので定価15,000円前後、実売価格で11,000円前後となりますので、お客様の立場としては買い換えることを考えるのも当然だと思います。

ただし家具専門店の立場から見ると、今回のスツールにも言えることですが、本体木枠フレームの材質・組み方などが現在の商品と比べてはるかにいい材料といい仕上げをしていますので耐久性が非常ににあります。

今回お持込されたこのスツールも約30年近く使用されているにもかかわらず、接合部分などのガタツキ、緩みは一切ありません。

最近の商品では、価格も安くなりましたが、耐久性も低くなりました。

使用頻度にもよりますが、4~5年程度でぐらつき、ガタツキがでてきますね。

4~5年程度のサイクルで常に買い換えていくか、最初の購入費用は大きいが、30年前後で修理するか・・・ですね。

最終的にはどちらが安いのでしょうか・・・・???  お分かりですよね。

昔からよく言います「安物買いの銭失い」。

先人の経験を覚えておきましょう。

 

2月 24, 2010 · Posted in 家具リフォーム・修理, 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply