TOPページ »家具リフォーム・修理 » この記事

総桐たんす洗濯完了

先日お預かりし、洗濯作業を行っていた「総桐開扉たんす」が新品に生まれ変わって安田屋家具店に届きました。

今から約15年ほど前にご購入された比較的新しい総桐たんすですが、たんす表面にカビが発生し、さらにそれを雑巾で拭き取ったためにシミができてしまったため今回洗濯をされることとなりました。

お預かりした時の状態は・・・・・、

 この状態だったのが
          ↓
 まさに新品です。

正面の拭き取ってできたシミ痕は、跡形も無く消え去っています。拡大してみると・・・・・、

 こんな状態だったのが・・・、
                ↓
  きれいになりました。

表面のシミ跡だけを洗濯することはできませんので、通常の洗濯修理と同様、お預かりした総桐たんす1竿全てを洗濯しました。外面だけでなく内面もです。金具は現在のものをそのまま使用しました。木部補修はほとんどありませんでした。

今回の桐たんす洗濯費用は、総桐うずくり仕上げ税込148,000円でした。(送料は別途)

岐阜にはまだまだ桐たんすを製作している安田屋家具店お抱えの桐たんす職人がおりますので、とってもお値打ちに桐たんす洗濯ができます。桐たんすを1竿全て一人で製作する「桐たんす職人」が洗濯修理作業を行うので安心です。
桐たんす洗濯をお考えの方は、ぜひ岐阜の安田屋家具店にご相談ください。

きっとご満足いただけるはずです。

    

Comments

Leave a Reply