TOPページ »商品紹介 » この記事

失敗しない選び方

失敗しない【 ガーデンファニチャー】の選び方をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
ちなみにホームセンターなどで売られているガーデンファニチャーは、価格は安いのですが、材質はチーク材ではありません。ほとんどは屋外での使用に対してはあまり耐久性のない「ニャトー材」を使用しています。この「ニャトー材」は、屋外にずっと設置したまま雨露にあたっていると木部が腐ります。多分2~3年で粗大ゴミになってしまうのではないでしょうか。もちろん設置場所が雨露のあたらない屋内であれば腐ることはありません。でもガーデンファニチャーは屋外に設置するから【 ガーデンファニチャー 】つまり、お庭に置く家具ですから、いちいち屋内に収納するのはめんどくさいですよね。

失敗しない【 ガーデンファニチャー】の選び方

ガーデンチェアは主だった素材として木製、プラスチック、アルミ、鋳物、アイアン他、いろいろあります。その中で安全性、環境、耐久性そして木の質感など総合的な見地からも天然素材で防腐剤の入ってないチーク材のガーデンチェアが優れていると考えます。

Q1.ホームセンターの商品は、いかにも安っぽいけど。なんでこんなに高いの?
チークハウスの商品は、厳選された良質の材料で安全で熟練された職人によりつくられております。(インドネシアで計画的植林された最高級Aランクのチーク材です。)

Q2.木が腐ったりしませんか?
チーク材にはもともとオイル成分が豊富に含まれており、ヨットの甲板や調度品などに使われたり、ヨーロッパでは古くから、ガーデンチェアに使われています。チーク材は水に強いのです。

Q3.退色しますか?
オイルで塗装されたチーク家具は、最初はハニーブラウンですが、1ヶ月ほどで薄くなり始め、半年程でシルバー色に、変化します。
しかしこれは表面上の変化であり腐食してるのではなく、強度や耐久性には何のかわりありません。表面上の油分が蒸発しただけで、内部には十分オイルを含んでます。

Q4.メンテナンスはどうすればいいのですか?
屋外で使用するという環境下では、雨、風、夏の強烈な直射日光に、冬の厳しい冷え込みにさらされますので1年に1回程、表面についた汚れを取り、(サンドペーパーでおとす)クリーナーをかけ、乾燥させ、チークオイルを重ね塗りをすると、持ちが一段とよくなります。

Q5.カラーはチーク色だけ?
チーク材の素材をいかしてオイルを浸透させた色がチーク色なのです。ヨーロッパ向けは、ナチュラル色が主流です。いずれにせよ年月を経ることにより最終的にシルバー色になっていきます。

Q6.有害な薬品などは使われていませんか?
チークハウスはチークオイルのみを使用してます。チーク材は抗菌性、防食性に優れた木材です。防腐剤などは一切使用しておりません。

5月 27, 2010 · Posted in 商品紹介, アウトレット  
    

Comments

Leave a Reply