TOPページ »家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

カリモク食堂椅子修理

一昨日お知らせしましたカリモク製食堂椅子「CS4915CD」の背もたれ籐シート破れの張替修理についてお知らせしましたが、安田屋家具店の籐職人で修理した場合の修理費用とカリモク工場で修理した場合の修理費用がそれぞれ連絡がありました。

現状は・・・・、

拡大

五分カゴ目籐シートを使用してあり、溝決込み仕上げと言う仕上げです。

座面を取外すと、座面下部はエアーネイル(ホッチキス針の大きなもの)で籐シートを止めてあります。

さて修理費用ですが、安田屋家具店の籐職人で行った場合、籐シートを着色しない生地仕上げで税込15,800円、着色仕上げを行うと税込21,000円です。

ではカリモクブランドのプライドにかけて、カリモクではどうだったでしょうか・・・・。
今までの経験上、カリモクの場合、すでに生産中止になった商品の修理はかなり高額であったからと心配しつつも、籐張りシートは無限材でも採用されている商品はあるのだからそんなに高くはないだろうという淡い期待を持ちつつ連絡を待ちました。

そしてカリモク~連絡があった修理金額は、税込15,000円でした。
それもなんと現状と同じ着色仕上げを行っての価格です。
これはとってもお値打ちなことです。

安田屋家具店との価格の大きな違いは、運賃でした。
安田屋家具店の籐職人を使用した場合、籐職人工房までの往復運賃が約3,800円程度かかってしまいます。カリモクの場合も通常ならば同様の価格がかかるのですが、今回はカリモク小牧営業所の安田屋家具店担当者さんが、営業周りで岐阜に立ち寄られた時に椅子を引き取ってくれると言う好意のため、運賃がかからないからなんです。カリモクさんありがとう。

お客様に御見積金額をご説明し、カリモク工場で修理を行うこととなりました。
近日中に修理が終わりましたらビフォー・アフターをご覧いただきましょう。

9月 7, 2010 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply