TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

人生初めての点滴

自分自身の記録として書き込んでいます。

9月3日
4日薬を飲み続けたが、症状に変化はなし。
まだ右耳に耳栓が詰まったような状態が続いているものの、日常生活にはそれほど困ったことは感じられない。ただ右耳を触っても、カサカサする音が聞こえないので、なんとなく違和感があり、触っても音が聞こえないと麻酔をかけているような感じがする。

予約した「白木耳鼻科クリニック」に再診に行く。
診察前に聴覚検査を行う。
同級生の白木直也君が今回も診てくれた。
聴覚は4日前よりもほんの少しよくなっているけれど、それほど大きな違いはないとのこと。ほんのちょっぴり薬の効果があったようです。
「治る」という強い意志を持って治そうねと言われた。

薬の効果が少し出ているから、今日から点滴を少し続けてみようとのことで、今日、明日、明後日と点滴をすることになった。
何を隠そう、四代目にとって、50年間生きてきて初めての点滴体験なのでした。緊張の中、たんたんと点滴作業は進み、30分程度で薬液が四代目の体内に入ったのでした。これで治る方向に向かってくれぇーーと祈るのみでした。

★点滴液

  • ソルデム3A輸液 200ml・・・1袋
  • ATP注20㎎「イセイ」・・・・・・4管
  • 重ソー注7%「トーワ」20ml・・・2管
  • ビーカップ静注50㎎」20ml・・・1管
  • ハイミタン注30・・・・・・・・・・・・1管
  • 注射用アルテージ20・・・・・・・1管

点滴後、ステロイド剤を2錠減らしたのみの前回と同じ薬剤でした。

★ 今回処方された薬剤は4日分

  • プレドニン錠5mg・・・4錠
  • セルベックスカプセル50mg・・・1C
  • (後発医薬品)
  • アデホスコーワ顆粒10%・・・3g
  • メコバマイド錠500ug 0.5㎎・・・3錠
  • カルナクリン錠50・・・3錠

★費用

  • 再診料700円
  • 検査費3,500円
  • 投薬費680円
  • 注射費1,550円
  • 処置費600円の合計7,030円の3割負担・・・2,110円
  • 調剤技術料1,120円
  • 薬学管理料450円
  • 薬剤料880円の合計2,450円の3割負担・・・740円
10月 13, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき, 聴神経腫瘍闘病記  
    

Comments

Leave a Reply