TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

突発性難聴闘病記3

自分自身の記録として書き込んでいます。

9月7日
白木耳鼻科クリニックに行く。
今日は初めに点滴。その後聴覚検査。そして診察。
白木直也君が今回も診てくれた。

聴覚検査の結果、ほとんど変化はなかった。
検査表を見せて、よくある【突発性難聴】と比べると、人の会話レベルの音域のみが極端に数値が下がっているあまり例がないタイプと説明があった。いろいろな原因を疑ってみる必要があるので、一度MRI撮影で診てもらおうとなり、村上記念病院「脳神経外科 A教授」への紹介状を書いてもらい、予約を取ってもらった。

今回の【突発性難聴】は、50年生きてきた四代目が生まれて初めて経験することばかりが続きます。テレビでは見たことはあるものの、実際にMRI撮影するなんて思いもよらなかったことです。初体験に緊張します。
よく考えてみれば、30代半ばから今まで約15年前後、医者に通ったことはなかったし、生まれてこのかた病院というところに行ったことがないのです。風邪をひいたりした時は町のかかりつけ医院でしたからねぇ。

★点滴液

  • ソルデム3A輸液 200ml・・・1袋
  • ATP注20㎎「イセイ」・・・・・・・4管
  • 重ソー注7%「トーワ」20ml・・・2管
  • ビーカップ静注50㎎」20ml・・・1管
  • ハイミタン注30・・・・・・・・・・・・・1管
  • 注射用アルテージ20・・・・・・・・2管

★ 今回処方された薬剤は4日分

  • プレドニン錠5mg・・2錠
  • セルベックスカプセル50mg・・・1C
  • (後発医薬品)
  • アデホスコーワ顆粒10%・・・3g
  • メコバマイド錠500ug 0.5㎎・・・3錠
  • カルナクリン錠50・・・3錠

★費用

  • 再診料700円
  • 医学管理費2,500円
  • 検査費3,500円
  • 投薬費680円
  • 注射費2,060円
  • 処置費600円の合計10,040円の3割負担・・・3,010円
  • 調剤技術料1,120円
  • 薬学管理料450円
  • 薬剤料800円の合計2,370円の3割負担・・・740円

医学管理費は紹介状なのかなぁー。
しかし病気というのは、金食い虫ですね。
日本の医療費が膨大に膨れ上がる理由を垣間見た気がします。

10月 16, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき, 聴神経腫瘍闘病記  
    

Comments

Leave a Reply