TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

岐阜市まちなか歩きガイド

夏ごろに新聞の片隅に掲載されていた記事に目が留まった。
これはおもしろそうだなぁーと直感的に思った。

岐阜市で製作・発行・配布したところ好評であった「岐阜市まち歩きガイド」の増刷を行なうにあたり、岐阜市で初めて観光マップに広告スポンサーを募集するというものであった。広告スポンサーを得て観光マップを製作するのは、やはり岐阜市の財政も相当厳しいものがあるのでしょうね。でもこういうアイデアを行政ももっと出していけばいいと思います。なんでもかんでも税金で作る必要はないのですから・・・・・。

「岐阜市まち歩きガイド」は、A2変形型両面カラーで、見開きが簡単にできる「ミウラ折り」を採用し、折りたたんだ状態で携帯できるポケットサイズ(縦112㎜×横78㎜)となっています。今回の増刷では1万部製作・配布するとなっていました。

募集広告スペースは、「縦36mm×横110mm」サイズが1万部で最低価格2万円からの募集。そして少し大きめなのが「縦87mm×横72mm」で1千部で最低価格3万円からとなっていました。大きめサイズの方がよいかと思いましたが、1千部で最低3万円ということは、1万部全てに掲載させるには最低30万円かかることになります。これは少々高すぎです。ということで「縦36mm×横110mm」サイズに2万1千円で応募しました。後日、岐阜市から連絡があり見事広告スポンサーの一つに選ばれた。

そして今日、その実物が仕上がり岐阜市の担当者の方が持参していただきました。

広げたガイドの上に、ミウラ折りでたたまれたガイドが2部写っています。

美殿町の広告はどこにあるかというと、地図の左端にある広告スペースの最上段にありました。

広告を拡大して見ると・・・、

商店街として広告に掲載しているのは「美殿町」だけでした。
あとの広告は、長良川界隈の温泉旅館や飲食店でした。
柳ヶ瀬などもこういうものをもっと活用すればよいのにと思いますが、日頃情報収集にアンテナを張っていないからできないでしょうね。今回の「岐阜市まち歩きガイド」への広告掲載も、日頃新聞や・ラジオ、テレビなどのマスコミ媒体を何気なく見聞しているようで実は、常に仕事や街づくりに役立つことはないかなぁーと考えながら見聞していますから実現できたようなものです。美殿町の若手店主さんにも何か役立つ情報はないかなという気持ちで毎日を過ごしてもらいたいですね。

この「岐阜市まち歩きガイド」は、岐阜市を訪れる観光客や来訪者のために、JR岐阜駅観光案内所と岐阜公園総合案内所で配布されています。1万部はあっという間になくなってしまいますので、ゲットしたい方は早めに岐阜市にあるJR岐阜駅観光案内所と岐阜公園総合案内所でゲットしてください。残念ながら安田屋家具店には2部しかありません。

今回の広告費は、2万1千円で掲載されたわけですから、1枚あたり2.1円の広告費。新聞折込よりも格安です。

11月 25, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply