TOPページ »伝統・匠の芸術逸品展 » この記事

伝統匠の芸術逸品展最終日2

 1年に1回のみ開催する安田屋家具店の特別展「伝統・匠の芸術逸品展」もとうとう本日が最終日となりました。そして閉会時間まで残すところあと数時間です。今日も月曜日というのに午前中から多数のお客様にご来場賜りました。これも日頃から長年にわたり安田屋家具店をご愛顧いただいておりますお客様のおかげです。厚く御礼申し上げます。

 さて午前中に引き続き2階会場をご覧いただきましょう。
 2階会場は「空飛ぶ絨毯」と言われている「ペルシャ絨毯」を中心に展示しています。さらに入り口には数年前から人気がある民族絨毯「ギャベ」、そして3年前に初めて展示させていただき大好評を得たアフガニスタン絨毯「ガズニラグ」を展示しています。

ご存知の方も多い人気の「ギャベ」絨毯

写真の左側がとっても珍しいアフガニスタン絨毯「ガズニラグ」です。

 2階会場にはペルシャ絨毯の王様「ヘレケ絨毯」をはじめ、ザンジャン、カシャーン、イスファハン、アフシャー、ナイン、タブリーズ、アルダカン、カシュガイ、びじゃー、バルウチ、コムなどの新作、名作、アンティークを展示しています。これらは総称して「ペルシャ絨毯」と呼ばれていますが、本来はそれぞれの製作している地域名で呼びます。ザンジャン、カシャーン、イスファハン、アフシャー、ナイン・・・・・、は絨毯を製作している地名です。そしてそれぞれの地域ごとに違った絨毯を製作しています。毎年絨毯を見ていると、柄や素材、色使いなどで大体の製作地域、つまりペルシャ絨毯の名前がわかるようになってしまいました。職業柄でしょうね。

この続きは下の(read more) をクリックしてね

 さて、写真の絨毯をご覧になられて、どの地域の絨毯かわかりますかぁーー。あっ、あれはナインだ。これはザンジャンだ。そしてそっちのはタブリーズだ。なんてね。

 さあ展示会閉幕まであと数時間。
 今年の展示会の結果が気になるところですが、あと少したがを締め直してがんばります。

12月 13, 2010 · Posted in 伝統・匠の芸術逸品展  
    

Comments

Leave a Reply