TOPページ »家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

ひび割れた椅子修理完了

 引越し作業中に落としてしまって木部にヒビ割れてしまったダイニングチェアー修理が完了しました。お預かりした時点の状態は・・・。

 今回のご修理は、ひび割れた前脚を新しい木材で製作した前脚に取替えてしまう方法としました。座った時に荷重が加わる前脚部分ですので、単純にひび割れた箇所を接着するだけで強度が弱いからです。また接着剤をひび割れた箇所全面に充填することは不可能なため、接着固定しても全面に接着剤が塗られていないと接着強度はあまり強くないからです。ヒビ割れ部分の接着は、見た目には簡単に接着できますが、椅子本来の機能、そう、座ることを考えるとやはり強度・耐久性を考慮しなくてはなりません。この考え方が、専門店なんですね。

そして修理完了後は・・・・、

 塗装も塗り直しを行いましたので、新品同様に仕上がりました。

 取外してある座面側から見てみてみました。

 さぁー取外してある座面を取り付けてお客様にご連絡です。
 今回のご修理費用は、前脚を新しい木材で同じような形で製作し、さらに木部全体を塗り直しを行いました。税込15,000円です。今回のご修理は引越し業者さんが安田屋家具店までお持込、お引取りをしていただきましたので送料は必要ありませんでしたので含まれていません。

2月 26, 2011 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply