ご主人と一緒に若かりし頃にお買い求めになられ、以来ずっと使い続けてきた想い出がたっぷりと刻み込まれた応接セット張替のご相談がありました。

カリモク製の金華山織り布地で仕上げてある、クラッシックデザインの応接セットです。今ではすっかり見かけなくなった応接セットです。そう、リビングセットではなく「応接セット」と呼ぶのにふさわしいデザインですね。

両肘椅子

今から30年ほど前には一般的によく出回っていたデザインで、カリモクはもとより、マルニ、モリシゲなどの数多くの工場も同様なデザインの応接セットを作っていました。

 正面

この記事の続きを読む »

4月 1, 2010 · Posted in 家具リフォーム・修理, 椅子張替え  
    

先日お預かりした「職人 西尾修一」さんが製作した国産クリ無垢材のダイニング、リビングテーブル天板リフォームが終了しました。

15年間使用された傷やシミなどがついた天板表面を木地の状態まで削り、そして植物性オイルを塗りこみました。

今回使用したオイルは、 「OSUMO (オスモ)」社製 です。

リビングテーブルを削ったばかりの木地の状態です。


           ↓ オイルを塗ると

この記事の続きを読む »

    

先日お預かりし、洗濯作業を行っていた「総桐開扉たんす」が新品に生まれ変わって安田屋家具店に届きました。

今から約15年ほど前にご購入された比較的新しい総桐たんすですが、たんす表面にカビが発生し、さらにそれを雑巾で拭き取ったためにシミができてしまったため今回洗濯をされることとなりました。

お預かりした時の状態は・・・・・、

 この状態だったのが
          ↓
 まさに新品です。

この記事の続きを読む »

    

皆さんががお使いになっているリビングチェアー、応接セットの内部を見たことはほとんど無いでしょうね。

普通に使用されていて内部を見る機会なんてのはありませんもんね。

なかなか見られないリビングチェアー内部、昨日ご紹介した張替のために分解した応接椅子が職人工房にあったのでご覧いただくことができます。

こんなことになっています。


           ↓ 分解すると

この記事の続きを読む »

4月 6, 2010 · Posted in 家具リフォーム・修理, 椅子張替え  
    

張替作業を行っていたダイニングチェアーが仕上がってきました。

お預かりした時の状態は・・・・、

 
           修理前              修理後

 
           修理前              修理後

この記事の続きを読む »

次ページへ »