お預かりした秋田木工 ハイスツール No.209-Cの座板取替修理の続報です。

座面木枠の渕周りに差し込んである板座のため、渕周りにカッターで座板に切込みを入れた後、座板を割って取外します。これをしないと木枠に無理な力がかかり、木渕の接合部が割れてしまいます。

従来の座板の厚みが3mmだったので、少し厚めの4mm厚合板を使用します。

木渕部分の切込みに新しい座板をはめ込むことができないことと、座板が荷重に耐えられるように座裏に十文字に補強木を取付けることにしました。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 13, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

約25年程前のご新築時にご購入いただいた秋田木工のハイスツール「No.209-C」。座高は60センチタイプです。

ご自宅に併設されているとんかつ屋店舗のカウンタースツールとして12脚ご購入いただき、約25年使用され続けておられます。今回、長年の仕様により数脚の板座面の板が割れてきているので修理したいとご相談を受けました。

秋田木工は、大塚家具の子会社になっていましたが、その大塚家具がすったもんだの末、ヤマダ電機の傘下に入ったことから、現在秋田木工のホームページを見ると「ヤマダ電機の子会社です」と表示されていた。複雑な心境です。

「No.209-C」ハイスツールは現在も生産・販売されていますが、ヤマダ電機または大塚家具でしか購入できません。安田屋家具店では仕入れることができないので、取り扱いができません。ちなみに「No.209-C」の現在価格は税込み17,600円+送料です。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 11, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

年末に東京都のE様からお預かりした秋田木工スツール「No.202-R」座面籐シート張替が、年を越した1月7日に仕上がりました。40年前の新築の記念として購入された時に見られた真新しい座面となりました。

さらに面積の広い座面の籐シートを、荷重を支えるための籐皮で撚った籐バンドを座面裏に十文字に取付けた「十文字補強」加工もしてあります。強度も以前の2倍となり、耐久性も向上しました。

十文字補強の籐バンドは、座面表側からはまったくわかりません。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
1月 20, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

先日お問い合わせがあった秋田木工スツール「No.202-R」座面張替が、東京のE様から届いた。

早速開梱する。

E様からのご連絡
初めまして。
ご丁寧に教えていただきありがとうございます。座面枠送らせていただきましたのでよろしくお願いいたします。

40年前、家を新築した時に購入したもので、当時、来客に使い、子供に使いと思い出と愛着に溢れたものです。破れても座布団などをのせ使っていたのですが、たまたまインターネットで安田屋家具店の記事をみつけ、なおせるのかと・・・、嬉しい限りです。

ちなみに私共、金婚式をむかえます。スツール同様よくもったものだなと感心し、又、座面がアメ色になるまでがんばろうかと思います。ほんとうにいい記念になります。いそいでおりませんので、出来あがりの日は気にしていません。ただ年末にかかってしまい申し訳なく思っています。よろしくお願いいたします。寒さ厳しき折、どうぞご自愛下さい。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
1月 18, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

曲木家具で有名な秋田に工場がある「秋田木工」製のスツールNo.202-Rの座面籐シート張替に関して、ご相談がありました。

そういえば秋田木工は、かなり以前に大塚家具の子会社になっていた。つい先日、大塚家具がヤマダ電機の子会社となり、大塚久美子社長は辞任されたのですが、今まで通り秋田木工は大塚家具の子会社でいられるのでしょうか。安価な輸入ものの曲木家具が多いので、品質の良い国産の曲木家具を作り続けてもらうためにも、そうあって欲しいと願う四代目です。

東京都のE様からのお問合せ
籐の椅子修理が可能でしょうか?また見積もりをお願いしたくメールいたしました。 秋田木工の物です。

安田屋家具店からの返信

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
1月 16, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

次ページへ »