秋田県に工場があった曲げ木家具の「秋田木工」
世界に通用する良い曲げ木家具を作っていたんですが、輸入製品の価格破壊に市場を奪われ、何度か経営危機に陥ったのです。

そして数年前に大塚家具が援助の手を差し伸べ、大塚家具の子会社として吸収されました。社名は以前と同じ「秋田木工」のままで、以前と同じ曲げ木家具作りを続けています。

大塚家具の完全子会社となったことで、大塚家具以外の家具店では取り扱いができなくなりました。安田屋家具店も例外ではなく、「秋田木工」の曲げ木家具は展示・販売できません。残念なことではありますが、国産曲げ木家具を守るために援助した大塚家具さんに敬意を表したいと思います。

さてそんなとってもいい「秋田木工」製のスツールの投シート座面張替のご相談がありました。

横浜市のI様より
はじめまして。
インターネットで籐椅子座面の張替をできる店を探していたところ、安田屋家具店のホームページを拝見しました。修理受付は可能でしょうか?

秋田木工スツール3

約20年前に購入した秋田木工製のスツールです。座面の籐が破れたので張替えたいと思います。同じスツールが2脚あります。座面の裏にネジ止め4箇所あり、座面部分が取外せるようになっています。

秋田木工スツール2

座面の破れ以外は、どこも悪くないので 座面張替の見積もりをお願いします。破れの程度は同じです。

秋田木工スツール1

安田屋家具店からの返信

この記事の続きを読む »

6月 11, 2016 · Posted in 椅子張替え  
    

先日、秋田木工製のNo.1003チェアーの木部本体塗替え修理についてご紹介しましたが、お問合せいただきましたお客様からご返事が届きました。

s-IMG_9035

先日問合せをしました東京のMです。
お忙しい中、ご丁寧にご返信くださり、ありがとうございました!
専門的な見地からのご見解、とても参考になりました。
成る程、元より薄い色だと難しいのですね。
ご相談させていただいて良かったです。

今使っている家具に馴染ませることばかり考えていましたが、アンティークとして、カバーをかけるなりなんなりして、別の視点、場所で大切に使おうと思います。座面は、もうしばらく使ってボロボロになったら張替えようと思います。

本当にありがとうございました。
またなにかございましたら、よろしくお願い申し上げます。

また一つ、名作椅子が粗大ごみにならずによかった。
そしてご家族の想い出と歴史が刻み込まれた1脚の名作椅子が、親から子へ、子から孫へと代々受け継がれていく一助となったことは、家具屋冥利につきるってもんです。よかったよかった。

10月 1, 2013 · Posted in その他の家具修理  
    

「安田屋家具店」で検索するとHotFrogという無料の企業検索サイトが表示されます。安田屋家具店のホームページを開設した4年前にHotFrog検索サイトを知り、ちゃんとした企業紹介データーを掲載するようにしていた。 あれから4年と数ヶ月した今日、初めてHotFrog経由でお客様からの家具修理に関する問合せが届いた。

なんにでも情報発信をして、窓口を広げておくことは良きことだとあらためて思ったのでした。HotFrog 無料企業検索さん、ありがとう!!

お客様からのお問合せ
初めてお問い合わせさせていただきます。東京のMと申します。
ダイニングチェアの塗装塗り替えと、座面の張替えについてのお問い合わせです。 物は、秋田木工のNo.1003という曲木のチェア、色はダークブラウンのものです。祖母から譲り受け、これからも長く使いたいのですが、長年使用し、所々塗装が剥げてきているのと、私の家がメープルやホワイトオークの家具ばかりのため、メープルのダイニングデーブルに合うような、明るい白木の色に塗り替えをお願いしたく存知ます。

また、座面もベージュ系に張替え希望です。大体のお見積もりとして、おいくらくらいになりますでしょうか?(定価が25,000円なので、同等かそれ以上の場合 買い直した方が良いことになりますが…^_^;) 発送は、東京からになります。

購入したのは山形の家具店ですでに無いため、秋田木工にも伺ってみたのですが、座面張替えはともかく、塗り替えはちょっと…という反応で、半ば諦めておりました。 写真が必要でしたら、お送りさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

安田屋家具店からの返信
秋田木工のno.1003の曲木椅子。

s-IMG_9035

いい椅子です。
残念ながら秋田木工は会社再建が出来ず、現在は大塚家具の子会社として大塚家具のみに曲げ木椅子を供給しているようで、他の家具店ではもう取り扱えない商品になってしまいました。1社独占なので、秋田木工時代よりも信じられないほどかなり高い価格が付けられているようです。

さてお問合せの木部塗装ですが、通常の塗替えの場合は、現在の塗装を木地の状態まで落とす必要が無いので、現在の色と同色か、もしくは多少濃い色に仕上がります。現在の色よりも濃い色に仕上げる塗り替えが一般的です。 この場合の塗替え費用は1脚税込12,000円程度だと思います。 無地の布地・合成皮革(ビニールレザー)を使用した場合の座面張替は1脚税込7,000円程度だと思います。往復の運賃は別途実費が必要です。 したがいまして塗替え・張替で1脚19,000円程度+往復運賃になります。往復運賃は1脚5,000円前後になるかと思います。2脚をダンボール1箱に入れられれば、2脚の往復運賃は5,000円前後となりますので割安となります。

この記事の続きを読む »

9月 27, 2013 · Posted in 椅子張替え  
    

26年前に購入しました。ダイニングで使用している曲げ椅子(座面:籐)です。この座面の籐がほつれてきました。この座面の修理がどのくらいかかるか教えて下さい。尚座面は手編みの籐です。座面直径は曲げたフレームの外で41センチです。数量は2脚です。座面だけ分解してお送りする事ができます。修理サンプルに掲載されていた丸い椅子とほぼ同じ物です。ご返事お待ちしております。

お問合せの曲木椅子 座面籐張替え修理ですが、籐シートの張り方が「手編み仕上」または「溝決込み仕上」の二通りあり、価格が大きく違ってきます。 お問合せの椅子の写真を添付しましたのでご確認ください。これと同じ椅子であれば多分「秋田木工」製の椅子だと思います。

IMG_1220

IMG_1221

この椅子の座面は籐シートの手編み仕上げです。手編み仕上げでの張替は、1脚税込67,000円前後となります。

IMG_1228-300x225

「手編み仕上」の座縁を溝彫加工して、「溝決込み仕上」に変更した場合は、1脚税込18,000円となります。溝決込み仕上げの写真を添付しましたのでご覧ください。 尚、お客様宅から当店までの送料は別途ご負担下さい。 当店からお客様宅までの送料は含んでおります。

この記事の続きを読む »

4月 11, 2013 · Posted in 椅子張替え, 籐家具修理  
    

 秋田県に工場がある「秋田木工」社製のカウンタースツール「209-C」の座面張替え修理を行ないました。秋田木工は以前、会社再建を目指しましたが、曲げ木家具の需要減少、安価な輸入品の影響などによって再建がかないませんでした。そして数年前、大塚家具の子会社として生産を続けるようになりました。そのため大塚家具でしか「秋田木工」の商品を購入することができなくなりました。安田屋家具店でも、他の小売店でも「秋田木工」商品は仕入ができず取り扱えないんです。良い家具だっただけに残念なことです。

 「209-C」は、座高430、600、750㎜の3タイプがありました。また座面仕上げも、「板座」「籐張り座」「布張り座」の3タイプがありました。今回ご修理するスツールは、座高600㎜の座面が籐カゴ目編みシートになっている「籐張り座」でした。座面の籐が破れてしまったので同じ籐カゴメ編みシートで張り替えました。

 安田屋家具店でも多数販売したとってもシンプルデザインで使いやすいスツールです。特に座面が籐張りタイプは重量がとっても軽く良い椅子でした。ところが年々籐シートの原材料が悪くなり、耐久性が極端に低くなってしまったため籐張りシートは生産されなくなりました。今から15年ほど前のことでしょうか。そして現在では、ダイニングチェアー、スツールなどの座面が籐張りになっている商品はほぼ皆無となりました。生産しても1~3年ほどですぐに籐が破れてしまうほど品質が悪いため自信を持ってお届けできないからです。残念なことです。

張替え前

この記事の続きを読む »

3月 29, 2012 · Posted in 椅子張替え  
    

次ページへ »