6月 5, 2019 · Posted in テーブル修理  

【フリッツハンセンのテーブル修理】の続きです。

写真から判断すると現在の天板表面材は、ナラ材板目突板ではないかと思います。

修理方法としては、現在の天板表面を若干削ります。その後、ナラ材板目突板材が貼ってある合板を天板表面に貼ります。

天板の端まで新しい材料を貼りますので、現在渕周りに見えている5mmほどの木渕材の上部は見えなくなります。

また新しく貼ります合板材は2.5mmの厚みがありますので、厳密には2.5mm高さが高くなります。また天板渕周りに2.5mmの合板の木口が見えるようになりますのでご了承ください。

詳しくは下記記事をご覧ください。
続々 丸テーブル天板塗り直し
テーブル天板修理完了

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
    
6月 4, 2019 · Posted in 四代目のつぶやき  

明日6月5日(水)は、年に一度の静岡家具展示会(シズオカ[KAGU]メッセ2018)が開催されているため四代目は出張します。


一昨年のサイン看板

また翌日6月6日(木)は安田屋家具店定休日となるため、5日・6日の二日間、オンラインショップご注文商品の発送ができません。お急ぎのところ、大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

5日・6日にご注文賜りました商品は、7日(金)より順次発送させていただきます。

尚、安田屋家具店オンラインショップは24時間365日毎日営業いたしておりますのでぜひご利用ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
    
6月 3, 2019 · Posted in テーブル修理  

東京都調布市のA様からのご相談
こんにちは。Webサイトで拝見してメールしています。

20年前に購入したフリッツハンセンのテーブルの表面がヒビ割れなどでひどくなってしまったので、修復にどのくらいかかるか教えていただきたくお願いいたします。

実物より写真は傷みが鮮明な感じに写っています。

角を落とした115センチの円形です。
表面を研磨して仕上げは塗装ではなく、木の色を生かしたようにしていただけたらと思います。

他社さんにお尋ねしたところひび割れがひどいので、ひび割れを修復(ひとつずつ埋めると伺いました)した後は、下の色がわからないような塗装をするしかないとお返事をいただき断念しました。

安田屋家具店さんの積層合板でも削ってきれいに仕上げておられた事例を拝見して、我が家のテーブルもまた綺麗になるのかもと一縷の望みをいだいています。

大体の納期と金額をお教えいただけないでしょうか。お手数おかけします。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
    
6月 1, 2019 · Posted in その他の家具修理  

安田屋家具店が立地する岐阜市のお隣の犬山市のO様からお問合せ。
はじめまして。
座面の木が割れてしまい、大変困っております…。

古いものなので、ある程度は覚悟していたのですが、なんとかならないでしょうか…。

安田屋家具店より返信

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
    
5月 31, 2019 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  

先日ご紹介したかなり古い丁番金具である「HG-613-5」刻印がある蝶番を現行の代替金具に取替修理を行う際の注意事項をお伝えします。

まず「HG-613-5」刻印の金具サイズは、扉側(A) 18mm、家具本体側(B) 15mmです。したがってサイズは「18-15」となりますが、現存する金具では残念ながら「18-15」サイズはありません。

そのため「20-15」サイズでの代替えとなります。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
tags:
    

« 前ページへ次ページへ »