1月 18, 2021 · Posted in 椅子張替え  

先日お問い合わせがあった秋田木工スツール「No.202-R」座面張替が、東京のE様から届いた。

早速開梱する。

E様からのご連絡
初めまして。
ご丁寧に教えていただきありがとうございます。座面枠送らせていただきましたのでよろしくお願いいたします。

40年前、家を新築した時に購入したもので、当時、来客に使い、子供に使いと思い出と愛着に溢れたものです。破れても座布団などをのせ使っていたのですが、たまたまインターネットで安田屋家具店の記事をみつけ、なおせるのかと・・・、嬉しい限りです。

ちなみに私共、金婚式をむかえます。スツール同様よくもったものだなと感心し、又、座面がアメ色になるまでがんばろうかと思います。ほんとうにいい記念になります。いそいでおりませんので、出来あがりの日は気にしていません。ただ年末にかかってしまい申し訳なく思っています。よろしくお願いいたします。寒さ厳しき折、どうぞご自愛下さい。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
    
1月 16, 2021 · Posted in 椅子張替え  

曲木家具で有名な秋田に工場がある「秋田木工」製のスツールNo.202-Rの座面籐シート張替に関して、ご相談がありました。

そういえば秋田木工は、かなり以前に大塚家具の子会社になっていた。つい先日、大塚家具がヤマダ電機の子会社となり、大塚久美子社長は辞任されたのですが、今まで通り秋田木工は大塚家具の子会社でいられるのでしょうか。安価な輸入ものの曲木家具が多いので、品質の良い国産の曲木家具を作り続けてもらうためにも、そうあって欲しいと願う四代目です。

東京都のE様からのお問合せ
籐の椅子修理が可能でしょうか?また見積もりをお願いしたくメールいたしました。 秋田木工の物です。

安田屋家具店からの返信

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
    
1月 14, 2021 · Posted in 四代目のつぶやき  

新型コロナウイルス感染拡大が止まりません。
そして本日1月13日(水曜)に岐阜県にも【 緊急事態宣言 】が発令されました。

それに伴い、2月7日(日曜)までの期間、安田屋家具店 実店舗の閉店時間を18時とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

安田屋家具店 実店舗営業時間 10時~18時

名古屋市と岐阜市は電車で20分です。東京都内の山手線で移動する感覚と変わりません。愛知県の感染者が増えれば、岐阜市にも影響が及ぶことは必然です。

安田屋家具店のシャッターは2階までの高さがあります。閉店してシャッターを閉めた状態にすれば、【 緊急事態宣言 】下の非常事態の心理的効果を美殿町商店街に表すことができるのではないかと考えたのです。

安田屋家具店も微力ではありますが、感染拡大防止して、医療崩壊を起こさないようにと閉店時間の変更をさせていただきました。

2月7日(日曜)までの期間となります。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
    
1月 12, 2021 · Posted in 四代目のつぶやき  

2021年(令和3年)の初詣は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、例年よりも遅い1月7日に参拝しました。氏神様である「伊奈波神社」へは、2020年度中に参拝を済ませる幸先詣(さいさきもうで)に行っているので、もう一つの氏神様「金神社」(通称こがねさん)、毎年参拝している南宮大社、御首神社に参拝してきました。

どの神社も参拝者はまばらで、例年とは全く異なる閑散としていました。三密を避けるには良い環境です。

まずは近くの「金神社」(通称こがねさん)。
参拝後、商売繁盛の縁起ものである熊手を授与していただきました。

丁度お昼時だったので、近くに新しく開店した蕎麦屋「こんくらい」に入った。店内には桐箪笥がディスプレイしてあった。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
tags:
    
1月 11, 2021 · Posted in 四代目のつぶやき  

2021年のしめ縄は、安田屋家具店・レンタルスペースカグチカの玄関先も、まちでつくるビルの玄関先も奮発いたしました。まちでつくるビル3階にプリザーブドフラワー教室「Flower Factory Lazo (フラワーファクトリー ラゾ)」を主宰されている仁田原はるな様に依頼しました。

そして自動車のしめ縄は、毎年三代目 鉄郎の手作りです。

自動車に飾るしめ縄は、昔はほぼすべての車に取り付けてあり、付けていないと不謹慎な奴と思われたものです。しかし時代の流れとともに年々しめ縄が取付けてある自動車は見なくなり、とうとう昨年も今年も付けている自動車を1台も見ませんでした。

そもそも最近は自動車に取付けるしめ縄そのものが売られていませんね。日本の伝統ある風習が無くなっていくのは寂しいものです。毎年正月は、自動車のしめ飾りからそんなことを思う四代目でした。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
tags:
    

« 前ページへ次ページへ »